本格的なおせちを楽しめる!「高島屋のおせち」

 今回のオススメしたい情報は、「高島屋のおせち」のご案内です。
 早いもので今年も11月も半ばを過ぎ、まもなく大忙しの師走に入ります。
 様々なイベントや今年中にやっておかなければならないことが重なる大忙しの方はもちろん、特に何もしないけど何となく忙しい方も、お正月のおせちは食べ物ということで、どなたも年末ぎりぎりに作るはず。
 忙しいのにたくさんの料理を作って、詰め方にも気を使い、後片付けも大変…。そこでオススメしたいのが「高島屋のおせち」!
 「高島屋のおせち」は、種類が豊富で送料込みの「おせち」が多く、送料別でも送料が安いのが特徴。
 全国に配送してくれる「全国配送おせち」、関東限定の「関東地域限定配送おせち」、関西限定の「関西地域限定配送おせち」があり、各地域でしか味わえない「限定おせち」が楽しめるのが大きな魅力です!
 また、「おせち」以外にも、鍋セットや寿司・海鮮などの「年越・迎春の味」がありますので、「おせち」と一緒に注文すれば、年末年始は楽して美味しく料理を楽しめます。
 商品によって、承り日や配送地域、お届け日が異なりますが、多くの商品が12月31日(月)の大晦日に届けてくれますので、新鮮で美味しい「おせち」が楽しめます。
 たくさんの「おせち」があり、どれも美味しそうで目移りしてしまいますが、個人的に注目したのが大阪の台所“黒門市場”の「新魚栄」さんの「和 二段重(E277)」。
 「新魚栄」さんが選りすぐりの材料を用いて作られる独特の「おせち」で、見た目に美味しそうなのが一番の決め手ですが、通常の「おせち」と違って冷凍便で届き、解凍後は消費期限が冷蔵3日間も日持ちすることも、一度にたくさん食べるほうではない自分にとっては決め手の理由のひとつです。
 さらに、自分が大好きな一品である「黒豆」もしっかり入っているのも決め手ですが、「黒豆」は毎年、祖母が多めに手作りして大晦日に持ってきてくれるので、その「黒豆」を見て(ちょっとつまみ食いして)年を越し、その「黒豆」を元旦に味わって年を迎えたと実感するのが私の年末年始の締めくくりと始まりでもあります。
 話を戻しますが、「高島屋のおせち」はデパートで購入するのとは違い、インターネットショッピングならではの24時間いつでも購入できて、じっくり品定めできるところも注目のポイントです!
 本格的な美味しい「おせち」を気軽に味わいたい!という時は、「高島屋のおせち」をオススメします!
 以上、「高島屋のおせち」のご案内でした。

高島屋

リンクシェア レビュー アフィリエイト

スポンサーリンク