他人事ではない問題

 いつも“オススメしたい情報”としてお届けしているこのコーナーですが、今回は“知っていただきたい情報”としてご案内いたします。
 “他人事ではない問題”といえば様々ありますが、最近深刻なのが「性病」です。
 若者の20人に1人が性病にかかっていると言われており、感染後は自覚症状がほとんど出ない場合も少なくなく、気づかないままの状態で性交渉をして知らない間に相手にうつしてしまいます。
 その反対もあり、知らない間に相手にうつされてしまう場合もありますので、自分は感染していないから大丈夫という絶対の安心はできません。
 「性病」ではないかと心配になったときは医師に相談するのが一番ですが、なかなかその勇気がなく、そのままにしている人も少なくありません。
 「性病」感染を放っておくと、不妊症や赤ちゃんへの感染の可能性があり、先天性奇形児出産の原因にもなるうえ、HIV(ヒト免疫不全ウィルス)にも感染しやすくなることがあり、そうなれば自分だけではなく、パートナーや生まれてくる子供にも影響があります。
 それでも医師に相談するという第一歩が踏み出せない人は「性病検査キット」をオススメします。
 その「性病検査キット」にも様々ありますが、自宅で検体を自己採取し、匿名で12種類の性病を一括検査できるキットもありますので、恥ずかしさを感じることもありません。
 それで陽性反応があるなら、今度こそ勇気を出して医師に相談しましょう。
 あなたにとっても、パートナーにとっても、家族にとっても大切な“他人事ではない問題”です。

スポンサーリンク