映画『ヒロイン』出演者募集

 今回のオススメしたい情報は、映画専門オーディションサイト「映画オーディションJAN」さんの「映画『ヒロイン』出演者募集」のご案内です。
 「映画オーディションJAN」さんは、経験・年齢・性別・プロダクション所属・有名・無名に一切関係なく、“その映画の、その役に、いちばんピッタリの人”を選ぶ、誰でも自由にエントリーできるサイトで、「映画のオーディションを受けてみたい!」とおっしゃる方は必見です。
 「映画オーディションJAN」さんでは、今、映画「ヒロイン」の出演者を募集中で、「夏休み特別Workshop」に参加された方は全員映画出演できます。
 各クラス先着20名限定で、撮影用シナリオを使い、監督がひとりひとり丁寧に演技指導しますので、初心者の方でも安心です。
 1回目のWorkshopでは、初心者の方が参加者の半分以上でしたが、その参加者の方々からは「演技って楽しい」「もっと演技したい」「この楽しい時間がすっと続くといいのに」といった声が聞かれ、楽しめた様子が伝わってきます。
 そのWorkshopに参加された方の中で、「奥ノ矢佳奈さん(11歳)」は映画「ワンダーフォーゲル」の主役に選ばれました。
 奥ノ矢佳奈さんは、「嫌われ松子の一生」松子役、「ちびまる子ちゃん実写版」城ケ崎役、「天才テレビ君」等で活躍されています。
 今回の映画「ヒロイン」は、女優を目指す一人の女の子の10歳~22歳を3話のオムニバスで描きます。
 第1話「つぼみ」   10歳~12歳
 第2話「メッセージ」 16歳~18歳
 第3話「あこがれ」  20歳~22歳。
 各話の主役はそれぞれ違う人が演じますので、幅広い年齢の方にチャンスがあります。
 撮影は9月頃で、年末に劇場公開した後、DVDレンタルもされますので、ご自身が出演された作品を多くの方にご覧いただけます。
 経験・年齢・性別・プロダクション所属・有名・無名に一切関係なく、参加可能ですので、経験がある方やプロダクション所属の有名な方が優遇されるのではなく、参加者全員にチャンスがあります。
 やってみたかったけど今までオーディションを受けたことがない方、どこで申し込めば良いかわからずチャンスが無かった方はぜひ、ご応募いただきたいと思います。
 その他、詳細については「映画オーディションJAN」さんの「映画『ヒロイン』出演者募集」のWEBサイトでご確認ください。
 以上、「映画オーディションJAN」さんの「映画『ヒロイン』出演者募集」のご案内でした。

スポンサーリンク