「ふせん」をテープにした「メモックロールテープ」

 今回のオススメしたい情報は、「オフィス・デポ」さんで販売中の「メモックロールテープ」のご案内です。
 まず、「オフィス・デポ」さんについてご紹介します。
 「オフィス・デポ」さんは、オフィス用品を中心に販売されているサイトで、コピー用紙やオフィス家具など、オフィスで役立つ商品を豊富に取り扱っておられるほか、オフィス用だけでなく家庭でも役立つ家電・家具・PC関連商品・日用雑貨まで、幅広い品揃えが魅力のお店です。
 今回は、その「オフィス・デポ」さんで販売されている商品の中から、注目の逸品“ヤマトの「メモックロールテープ」”をご紹介します。
 皆様は普段、「ふせん」をお使いでしょうか?
 「ふせん」とは、小さい紙の端に“のり”が付いていて、ペタッ!と貼り付けることができる「メモ用紙」のことで、パソコンをされている方にはおなじみの商品で、「メモックロールテープ」は、その「ふせん」をテープにした便利な逸品です。
 「メモックロールテープ」の最大の特徴は、好きな長さで切り取ることができるうえ、全面粘着ですので、「ふせん」のようにヒラヒラせずにしっかりと貼り付けることができるところです。
 “メモ書きできる紙のセロハンテープ”というイメージです。
 私は普段から「ふせん」を多様しているのですが、主に、パソコン関係のちょっとしたメモとして、「ふせん」に書いてディスプレイにペタペタと貼り付けたり、予定が変わっても修正しやすいということで、カレンダーに直接予定を書き込まずに「ふせん」に書いて貼るという使い方をしていますが、共通して言える問題点は、ヒラヒラして落ち着かず、はがれてしまう時もあるということです。
 特に私はこの時期「扇風機」を多用するので、今もこうして文章を書き込みながらも、ディスプレイの「ふせん」がヒラヒラどころか、バタバタ!として落ち着きません。
 「メモックロールテープ」を使えば、しっかり貼り付けることができるので、ヒラヒラしないうえ、はがれる心配も少なく、必要な長さで無駄なく使用できるので、重宝すると思います。
 しっかり貼り付けられるということですので、その他の使い方として、書類をまとめたファイルやCD/DVDの収納ケースの背表紙として、キッチンでは、「さとう」「しお」などの調味料の表記や食品の保存の際の「種類」や「賞味期限」を書いて貼れるなど、工夫次第で便利な使い方ができます。
 今まで、ありそうでなかった便利な逸品という感じがします。
 その他、詳細は「オフィス・デポ」さんの「メモックロールテープ」のWEBページでご確認ください。
 以上、「オフィス・デポ」さんで販売中の「メモックロールテープ」のご案内でした。

オフィス・デポ ジャパン

リンクシェア レビュー アフィリエイト

スポンサーリンク