缶ジュースサイズで飲み物を持ち歩こう!「コールドトレッキングボトル(保冷機能付き!)」

 本日のオススメしたい逸品は、「◆SHINZI KATOH◆【保冷機能付き】コールドトレッキングボトル 300ml [ハンドスタンド]」です。
 普段、水筒やペットボトルで飲み物を持ち歩いている方も多いと思いますが、これらは意外と邪魔になるものです。
 最近では、いわゆる“マイボトル”で飲み物を持ち歩くことが、ちょっとしたブームらしいのですが、それらの多くは、細長い水筒やペットボトルサイズのボトルが多いようです。
 つまり、500ml以上のタイプが多く、長く持ち歩くということでは邪魔になったり、重くなってきたりします。
 では、ちょうど良いのはどれくらいかとなりますが、それは、「大きさ」と「飲み物の量」のバランスが秀逸な「缶ジュース」サイズです。
 そこで本日は、缶ジュースサイズで自分の好きな飲み物を気軽に持ち歩ける保冷機能付き“マイボトル”「コールドトレッキングボトル」の逸品をご紹介します。
 こちらは、缶ジュースサイズで大きくも重くもない、ちょうど良いサイズで保冷機能も付いた「コールドトレッキングボトル」です。
 ペットボトルを持ち歩くのと、缶ジュースを持ち歩くことをイメージしていただくと、その“ちょっとの差”が意外と大きいことに気付いていただけると思います。
 「トレッキングボトル」は、通常の「トレッキングボトル」と、保冷機能付きの「コールドトレッキングボトル」があり、通常の「トレッキングボトル」は、飲み物の温度を気にしない時に使ったり、保温が必要な時は、保温機能が付いたカバーをボトルにかぶせることで保冷・保温するボトルで、「コールドトレッキングボトル」は内部がステンレス2重構造の為、単体で冷たい飲み物を長時間保冷することが可能な保冷専用のボトルです。
 ペットボトルを洗って使い続けても、だんだんと痛んだり、汚れが落ちなくなったりして、結局は捨てているというのが事実ですが、「トレッキングボトル」は丈夫で長持ちしますので、環境にもやさしいボトルでもあります。
 最近はとても人気があるようで、様々なデザインが次々と登場していますので、お好みのボトルを探してみてはいかがでしょうか。
 大きすぎず重くない、ちょうど良いサイズの「コールドトレッキングボトル」の逸品です!
※以下は「楽天」のショップにリンクしています。

 2007年06月12日発見の逸品 
◆SHINZI KATOH◆【保冷機能付き】コールドトレッキングボトル 300ml [ハンドスタンド]
 缶ジュースサイズで大きくも重くもない、ちょうど良いサイズで保冷機能も付いた「コールドトレッキングボトル」!
 単体で冷たい飲み物を長時間保冷することが可能な保冷専用ボトル!。
◎この他の“トレッキングボトル”一覧はこちら!◎
スポンサーリンク