【レビュー】Patech 238度超広角レンズ カメラレンズキット PA010AY

レンズ周りの素材はアルミ製と銅メッキ

機能も作りもデザインも高品質で、価格以上であると感じるカメラレンズです。

気軽に、簡単に、使用できるレンズですが、高品質ですので、しっかりした撮影をしたいときにも十分に活躍してくれます。

スマホのカメラの性能をしっかり引き出しながら、さらに機能を追加し、標準のレンズだけでは撮影できない写真や動画を撮影することができました。

“超広角”という商品名のとおり、本当に広い範囲の撮影が可能で、初めて装着したときはその広がりに驚きました。

そして、高品質なレンズが採用されていますので、画質が落ちることなく、クリアで高画質な撮影が可能でした。

レンズ周りはアルミ素材で、銅メッキが施されており、耐久性も見た目も良く、長く愛用できそうです。

クリップ部分もしっかりした作りで、バネはやや強め、スマホのレンズに当てる部分とその対面の部分にはラバー素材が施されており、ズレにくくなっています。

レンズカバーと収納袋も同梱されていますので、気軽に持ち歩くことができます。

注意点は、レンズ部分が突起しているスマホや、レンズ周りに飾り枠があるスマホ、厚みがある古いスマホ等は、正しく装着や使用ができない場合があります。

ただ、現行のスマホのほとんどは薄型ですので、レンズ部分が特別な形状でなければ、ほぼすべてで使用可能であると思いますので、それほど心配なことではありません。

価格以上の、買って損は一切ない商品として強くオススメできます。

スマホに挟むだけの簡単な使用方法で、新たな機能と可能性を追加してくれるスマートフォン用カメラレンズの逸品です!

スポンサーリンク



解説動画

開封と内容の確認

パッケージ

パッケージの確認です。

上面に商品名等が記載されたラベルが貼られています。

シンプルで無駄が無く、好感が持てます。

説明書

開封すると、カード状の説明書がありました。

「スマホに挟んで、レンズの中心に 合わせてください。」といった内容です。

レンズ本体

スポンジに保護されたレンズ本体です。

レンズ部分はキャップで保護されています。

収納袋

持ち歩く際に便利な「収納袋」で、レンズ拭きとしても兼用できます。

内容は以上です

内容は以上です。

収納袋、説明書、レンズ本体の3点

収納袋、説明書、レンズ本体の3点でした。

使い方

レンズ周りの素材はアルミ製と銅メッキ

レンズ周りの素材はアルミ製と銅メッキで、高級感とレトロな雰囲気が魅力です。

クリップのバネは、やや強めでしっかりしています。

レンズはキャップで保護されていますので、使用の際は外します。

レンズの直径は、日本の500円硬貨よりも大きく、高級感と重厚感があります。

スマホのレンズとの接触面と対面

スマホのレンズとの接触面と対面には、それぞれラバー素材が施されており、ズレにくいように工夫されています。

スマホのレンズに直接被せるように挟む

このように、スマホのレンズに直接被せるように挟むのですが…

スマホのカバーを付けている場合は、外してから使います

こちらのように、スマホのカバーを付けている場合は、外してから使います。

クリップを挟むようにして、スマホのレンズに直接当てて使用します

クリップを挟むようにして、スマホのレンズに直接当てて使用します。

背面カメラのみではなく、フロントカメラにも使用できますので、自撮り等にも最適です。

レンズの比較

「Patech 2倍望遠レンズ PA009AY」との比較

本品と、同店で販売されている望遠タイプ (別売り)「Patech 2倍望遠レンズ PA009AY」との比較です。

キャップを付けた状態ではよく似ていますが、機能やレンズの形状は違います。

注意点

スマホのレンズに隙間なくピッタリ当てる必要があります

使用する際は、スマホのレンズに隙間なくピッタリ当てる必要があります。

レンズ部分が突起しているタイプやレンズ周りに飾り枠があるタイプでは正しく装着できない

その為、こちらのスマホのように、レンズ部分が突起しているタイプやレンズ周りに飾り枠があるタイプでは正しく装着できない場合や、写真や動画の撮影時に四隅が暗くなったり、ピントがぼけてしまうことがあります。

レンズとの間に隙間ができ、正しく装着できない場合があります

また、数年前の古いスマホ等は、現在のタイプより厚みがありますので、レンズとの間に隙間ができ、正しく装着できない場合があります。

このように、スマホのレンズは平ですが、厚みがありますので斜めになってしまい、隙間ができてしまいます。

可能な限り隙間を埋める方法

可能な限り隙間を埋める方法として、画面側にダンボールの切れ端などを挟むことで、いくらか調整ができました。

完全にピッタリとはいきませんでしたが、使えるレベルにはなりました。

私は、先ほどの赤いスマホ「FREETEL Priori3 LTE」とこちらの「Xperia acro HD SO-03D」の2台しか持っていませんので、今回は画質が高いこちらの「SO-03D」で撮影を行います。

効果の検証 室内編

スマホのレンズのみの画面

スマホのレンズのみの画面です。超広角レンズを装着すると…、

画面が大きく広がる

画面が大きく広がり、上下左右の見えなかった部分も映っています。

このように、風景だけでなく、室内や近景の撮影でも使用可能です。

効果の検証 屋外編

今回は、こちらの風景を撮影します

今回は、こちらの風景を撮影します。

スマホは三脚に固定しました

スマホは三脚に固定しました。

スマホのみで撮影した写真です

スマホのみで撮影した写真です。

超広角レンズを装着した写真です

次に、超広角レンズを装着した写真です。

全体に大きく広がり、広範囲の撮影ができました。(※レンズが完全に密着していない為、端がボケています)

装着前・装着後の比較です

装着前・装着後の比較です。

写真だけでなく、動画の撮影にも有効です。

最後に、撮影した写真をご覧ください。

まとめ

機能も作りもデザインも高品質で、価格以上であると感じるカメラレンズです。

気軽に、簡単に、使用できるレンズですが、高品質ですので、しっかりした撮影をしたいときにも十分に活躍してくれます。

スマホのカメラの性能をしっかり引き出しながら、さらに機能を追加し、標準のレンズだけでは撮影できない写真や動画を撮影することができました。

“超広角”という商品名のとおり、本当に広い範囲の撮影が可能で、初めて装着したときはその広がりに驚きました。

そして、高品質なレンズが採用されていますので、画質が落ちることなく、クリアで高画質な撮影が可能でした。

レンズ周りはアルミ素材で、銅メッキが施されており、耐久性も見た目も良く、長く愛用できそうです。

クリップ部分もしっかりした作りで、バネはやや強め、スマホのレンズに当てる部分とその対面の部分にはラバー素材が施されており、ズレにくくなっています。

レンズカバーと収納袋も同梱されていますので、気軽に持ち歩くことができます。

注意点は、レンズ部分が突起しているスマホや、レンズ周りに飾り枠があるスマホ、厚みがある古いスマホ等は、正しく装着や使用ができない場合があります。

ただ、現行のスマホのほとんどは薄型ですので、レンズ部分が特別な形状でなければ、ほぼすべてで使用可能であると思いますので、それほど心配なことではありません。

価格以上の、買って損は一切ない商品として強くオススメできます。

スマホに挟むだけの簡単な使用方法で、新たな機能と可能性を追加してくれるスマートフォン用カメラレンズの逸品です!

レビューは以上です。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。